読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマステの感想(追記)

大変だ。

松田元太っていう子を語る上で重要な曲の感想が抜けてた。

あんた馬鹿なのか?って長瀬に言われてもしょうがないレベルだうぉぉぉぉ

きっとけんてぃーコンで浮かれてた。

 

無邪気な時間は過ぎやすく

 

すごくいい演出だった。

げんげんは下手ステージ際に立ってから、

後ろの階段に移動して座るって動きで、

たしかBメロから歌う組だったと思うんだけど、

待ってる間暗い中すごく気持ち作ってる感じがして。

ライト当たって歌い出したらこぶしを胸に当ててすごく気持ちを込めていて。

切ない歌詞歌わせたらピカイチですね。

後半のほうはもう夏が終わってしまう~、サマステ終わっちゃう~、

もう冬まで会えないかも...って寂しい気持ちにリンクして泣けるレベル。

この曲(に限らず全体的かな?)カメラワークが決まってて、

どこでどの子をアップで抜くかが毎回同じ(だってことに後半気づいたよね)。

「優しさがこの僕にあれば WOW」

って一番盛り上がるとこのWOW~のラストのほうはげんげんで。

横顔からのこっち振り返る感じ。

こーのー表情がーーーやばいーーー(ノД`)・゜・。

せつなさ愛おしさ寂しさ甘酸っぱさみたいなのをぎゅーって詰めた素敵な顔するの。

しかも、徐々にカメラ目線になったりとか、笑ったりとか流したりとか!

いろんな表情見せるし、カメラ目線の決め方も完璧すぎるし、

いろんな意味で胸が締め付けられてやばかった。

げんげんってあほの子だと思われがちだけど、

カメラがどんな動きするのかどう自分が映るのかみたいな段取り完璧頭に入ってるし、

そこで100%自分を表現しようって気迫感じるし、

歌うことになればどんな歌詞なのかどう歌えばいいのか、

どう表現すればいいだろうってすごい考えてるし、

緊張するおなかいたいとか言っててもステージ上がったら

圧倒的な表現力とアイドル性ですごいモン見せてくれるし、

私が思ってる以上に努力してるし、考えてステージに立ってるんだろうなぁ。

しかしあの表現力の凄さは努力+ステージに立つと自然と出る才能で出来上がってる気もする。

自分の好きな子だし、担当しか見てないからそうなるんじゃないかって言われればそれまでだけど、

どれか欠けてたらこんなに長く好きでもないしどっぷりはまってない気がする。

げんげんの持つ表現力、アイドル性にはすごく期待をしてるんだけど、

加えてアイドルとして必要な技術もちゃんと持ってるんだな、できる子だなって、

再確認しました(ノД`)・゜・。

あと、とにかく顔面がかわいい(結局そこ)

 

そんな曲を飛ばすなんて!

しかも数日書いてないことに気付かないとか!!

あのげんげんの顔は昨日のことのように思い出せるのに、

私の脳内回路どーなってんだろ、いろいろ抱えてるにしろ物忘れがひどい。

もっと意識高い系オタクにならなければ…